カトリック長崎大司教区


2016年 4月 2日

4月1日 日本の信徒発見150周年記念劇 ブリックホール公演に向けての練習

Blog, by 広報委員会.

2016-04-01「そして サンタ・マリアがいた」記念劇の練習IMG_03762016-04-01「そして サンタ・マリアがいた」記念劇の練習IMG_03692016-04-01「そして サンタ・マリアがいた」記念劇の練習IMG_03852016-04-01「そして サンタ・マリアがいた」記念劇の練習IMG_03952016-04-01「そして サンタ・マリアがいた」記念劇の練習IMG_04372016-04-01「そして サンタ・マリアがいた」記念劇の練習CIMG8428

 カトリック長崎大司教区・長崎中地区評議会主催による日本の信徒発見150周年記念劇「そして サンタ・マリアがいた—キリシタン復活物語―」が4月9日(土)と10日(日)、長崎ブリックホールで上演される。

 長崎中地区を中心に信徒・司祭らが出演するこの記念劇は、昨年3月長崎での初演(3月10、11日チトセピアホール)に始まり、佐世保(8月15日アルカスSASEBO)、上五島(今年2月20、21日上五島石油備蓄会館)で上演され、多くの信者らが観劇し感動を共有した。現在、ブリックホール公演に向けて裏方スタッフを含む総勢約70人の劇団員皆が最後の練習に励んでいる。

 「信仰はどのように伝わるのか 親たちが手渡したものとは何か 問われている教会の世界遺産とは何か その答えがここに―」。日本の信徒発見150周年記念劇をどうぞご観劇ください。

 

日時:①2016年4月9日(土) 開場18:00 開演19:00

   ②4月10日(日) 開場13:00 開演14:00

会場:長崎ブリックホール

■ チケットは各教会でお求めください。(入場料 1,000円)

■ チケットの一般販売問い合わせ先 (事務局 林田) ℡ 090-8628-5784

監督・脚本 古巣 馨 / 出演 カトリック長崎中地区信徒・司祭他

主催:カトリック長崎大司教区・長崎中地区評議会

 

(写真は4月1日に行われた練習の様子)

Back Top