コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

10月8日更新 【長崎教区の信徒・修道者・司祭の皆様へ】教区シノドスへの協力のお願い

 2023年10月、「ともに歩む教会のため ― 交わり、参加、そして宣教 ―」というテーマのもと、世界代表司教会議(シノドス)第16回通常総会がバチカンで行われます。このシノドスに向けた「過程」は、今年2021年10月から始まります。

 本日10月8日、長崎教区本部事務局から教区の信徒・修道者・司祭の皆様あてに、このシノドスに向けた「過程」の一つといえる「教区シノドス」についてのお知らせと協力のお願いが出されました。詳しい内容は各小教区に資料をお配りしますのでそちらをご確認いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。

2021-10-08付 第16回通常シノドスに向けて 教区シノドスへの協力のお願い.pdf 


2021年10月8日

長崎教区の信徒・修道者・司祭の皆様

カトリック長崎大司教区

教区本部事務局長 中濱敬司

教区シノドスへの協力のお願い

 第16回シノドス(世界代表司教会議)総会が、2023年10月にローマで行われます。

 シノドス事務局は、教皇様のご意向に従って、その準備のために全世界の教会に対して次のことを求めています。

1) 10月17日(日)に各教区で第16回シノドスの開会式(ミサ)を行う。

2) 各教区は教区シノドスを行い、その成果をまとめて司教協議会に報告し、司教協議会は全教区の報告をまとめて、2022年4月までにシノドス事務局に送る。

 そこで、各教区シノドス開催のために、9月上旬に「シノドス準備文書」と「手引書」が全世界に送られ、その中に10の質問事項が列挙されています。

 これらの質問事項を含む文書を各小教区に送りますので、少なくとも小教区評議員全員に配布し、できる限り一緒に集まって回答を考えてください。主任司祭にはまとめ役をお願いします。回答用紙は、主任司祭の方でA4判のものを準備してください。

 各小教区から寄せられた回答を、適宜各地区代表者会議でまとめ、12月11日(土)までに教区本部事務局に送ってください。

 各地区代表者会議の報告をもとに、来年1月10日(月)の教区代表者会議でまとめます。

 なお、長崎教区としては、2022年度に、各小教区・地区・教区でこの質問事項を有効利用しながら、6年前の第一回教区シノドスの公式提言の検証をじっくり行い、新たな小教区・地区・教区づくりを目指そうと思案しているところです。

 皆様のご理解と質問事項回答へのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。