コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

行事予定

1
長崎キリスト教史料展 AM12:00
長崎キリスト教史料展
2月 14 @ AM12:00 – 3月 22 @ AM12:00
県では、3月の信徒発見150周年に合わせて、国内外から訪れる多くの観光客の皆様をお迎えするために、2月14日(土)から3月22日(日)までの間、旧羅典神学校(大浦天主堂横)において、長崎のキリスト教に関する歴史資料を展示する「長崎キリスト教史料展」を開催することといたしましたので、お知らせします。(長崎県ホームページ 『長崎キリスト教史料展の開催について』 案内文より)   期間: 2015年2月14日(土)から3月22日(日)まで 場所: 旧羅典神学校1階(大浦天主堂の横) 料金: 無料 (ただし、大浦天主堂の拝観料300円が必要です。) 主催: 長崎県   ・説明資料は、3カ国語(日本語、英語、韓国語)表記しています。   ・日本語のほか、英語と韓国語に対応したガイドが、常駐しています。   ・外国人観光客の方々には、ステンドグラスを模した栞を記念品として贈呈します。(数に限りがあります)   「史料展」チラシ → http://goo.gl/wy5JMf
信徒発見150周年記念事業 世界遺産推薦記念特別展「聖母が見守った奇跡 ―長崎の教会群とキリスト教関連遺産―」 AM12:00
信徒発見150周年記念事業 世界遺産推薦記念特別展「聖母が見守った奇跡 ―長崎の教会群とキリスト教関連遺産―」
2月 19 @ AM12:00 – 4月 15 @ AM12:00
ザビエルからプティジャンまで  御像はどこ?キリシタンからの没収品200余点が里帰り   期間: 2015年2月19日(木)~4月15日(水)      午前8時30分~午後7時 (ただし2月19日のみ12時開場)      休室日/3月12日(木) 3階以外は開館   場所: 長崎歴史文化博物館 3階企画展示室   観覧料: 一般800円(640円) ※高校生以下無料       ※ ( )内は前売および15名以上の団体、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保険福祉手帳持参者の料金       ※ 長崎れきぶん友の会は無料       ※ 常設展観覧料とセットになったお得な共通券を館内にて発売   主催: 特別展「聖母が見守った奇跡」実行委員会(長崎県 長崎市 長崎歴史文化博物館) 特別協力: 東京国立博物館 協力: カトリック長崎大司教区  上智大学キリシタン文庫 特別協賛: 十八銀行 協賛: 九州商船  文明堂総本店  株式会社サンフリード  JTB九州グループ  JR九州メンテナンス株式会社   「特別展」チラシ → http://goo.gl/oZkLg1
信徒発見150周年記念企画展「ローマとの再会」、特別展「津和野に流された浦上キリシタン」 AM12:00
信徒発見150周年記念企画展「ローマとの再会」、特別展「津和野に流された浦上キリシタン」
3月 1 @ AM12:00 – 5月 20 @ AM12:00
「150年前、大浦天主堂において 神父は信徒を発見し、信徒は神父を発見した。日本人伝道士バスチャンによって言い伝えられた予言がここに実現したのである。 激動の幕末、明治維新にあって、浦上では神父不在のまま信仰を守り250年が過ぎようとしていた。そしてフランス寺と呼ばれた大浦天主堂で、勇気ある浦上信徒の信仰告白によって劇的な出会いがなされたのである。しかしそれは四番崩れという過酷な試練の始まりでもあった。さまざまな資料をもとに信教の自由という金字塔を打ち立てた人々の叙事詩が語られる。」 (企画展チラシより)   開催期間: 2015年3月1日(日)から5月下旬予定         (ただし津和野特別展は3月8日~4月26日まで)         午前10:00~午後5:00   開催場所: 浦上キリシタン資料館         〒852-8116 長崎市平和町11番19号 (バス「浦上天主堂前」下車 徒歩1分)         TEL&FAX 095-807-5646         メール urakamicm@mxa.cncm.ne.jp   休館日: 月曜日(ただし月曜祝日の時はその翌日)   入館料: 無料   「企画展」チラシ →  http://goo.gl/Z0PH6P
長崎黙想の家 日程のお知らせ
長崎黙想の家 日程のお知らせ
3月 1 2014 – 3月 31 2015 全日
黙想開催の詳細につきましては、添付の日程表をご確認ください。 場所:イエズス会 立山修道院(長崎黙想の家) 申込:イエズス会 立山修道院(長崎黙想の家) 〒850-0007 長崎市立山5-8-30 電話095-821-4577 メール ret-nagasaki@dream.ocn.ne.jp 2014年3月~2015年3月 黙想の家 日程表.pdf
司祭・助祭叙階式 PM3:00
司祭・助祭叙階式
3月 1 @ PM3:00 – PM5:00
 
2
3
4
ゆりの会 ~たいせつな人を自死で なくされた方の集い~ PM1:30
ゆりの会 ~たいせつな人を自死で なくされた方の集い~
3月 4 @ PM1:30 – PM3:30
毎月第1水曜日 13:30~15:30 (場所:長崎カトリックセンター) 予約・参加費は不要です。 主催:日本CLC(クリスチャン・ライフ・コミュニティ) 協力:カトリック長崎大司教区人権委員会 連絡先:℡ 095-881-2357、090-9488-7931(鳥巣シオリ) 2014.11.1受け取り ゆりの会A4.pdf
5
6
7
8
シンポジウム「津和野殉教者の列聖をめざして~日本の信徒発見150周年~」 AM12:00
シンポジウム「津和野殉教者の列聖をめざして~日本の信徒発見150周年~」
3月 8 @ AM12:00 – AM12:00
「2013年5月3日、前田万葉広島司教(現・大阪大司教)は、『2023年の広島教区創立100周年に向けて、津和野乙女峠の殉教者の列聖・列福を目指す』と宣言した。  広島教区はこの取り組みを周知させ広く協力を求めるために、広島と長崎でシンポジウムを計画している。信徒発見から浦上四番崩れ、浦上信徒総流罪から信仰の自由獲得へと至る日本の教会の歩みを振り返りながら、現代に生きる私たちが信仰の糧を発見する機会としたい。  広島教区列聖委員会は、殉教者の出身地である長崎の方々に多く参加していただきたいと呼び掛けている。」  (カトリック長崎大司教区報 『カトリック教報』 2015年1月号より)   【① 広島シンポジウム】 ← ※ 終了しました。 日時: 2015年1月12日(月・祝)13:00~ シンポジウム  15;00~ ミサ 場所: エリザベト音楽大学・セシリアホール シンポジスト: 前田万葉大阪大司教、平林冬樹神父(イエズス会)、筒井 砂氏(広島司教区列聖委員会委員)   【② 長崎シンポジウム】 日時: 2015年3月8日(日)16:00~18:00 場所: 長崎カトリックセンター シンポジスト: 髙見三明長崎大司教、前田万葉大阪大司教、平林冬樹神父(イエズス会)、野口勝利(浦上教会歴史委員会委員)   ①② 主催: カトリック広島司教区          〒730-0016 広島市中区幟町4-42          電話 082-221-6017  ファックス…
長崎教区青年黙想会 AM10:00
長崎教区青年黙想会
3月 8 @ AM10:00 – PM4:00
長崎教区内のすべての青年が対象です。   日時: 2015年3月8日(日)10:00~16:00 (受付 9:00~) 場所: カトリック長崎大司教館 3階 (長崎市橋口町1-1) 参加費: 1,000 円 (昼食は各自で) 問合先: 教区青少年委員会 工藤秀晃神父 (木鉢教会)TEL 095-865-1039
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
ゆりの会 ~たいせつな人を自死で なくされた方の集い~ PM1:30
ゆりの会 ~たいせつな人を自死で なくされた方の集い~
3月 18 @ PM1:30 – PM3:30
毎月第3水曜日 13:30~15:30 (場所:日本二十六聖人 聖フィリッポ教会司祭館 〔西坂教会〕) 予約・参加費は不要です。 主催:日本CLC(クリスチャン・ライフ・コミュニティ) 協力:カトリック長崎大司教区人権委員会 連絡先:℡ 095-881-2357、090-9488-7931(鳥巣シオリ) 2014.11.1受け取り ゆりの会A4.pdf
19
20
21
22
23
信徒発見150周年記念事業 世界遺産推薦記念特別展 『聖母が見守った奇跡 ~長崎の教会群とキリスト教関連遺産~』 浦上教会歴史委員会によるギャラリートーク(展示解説 3/23 14:00~15:00) AM12:00
信徒発見150周年記念事業 世界遺産推薦記念特別展 『聖母が見守った奇跡 ~長崎の教会群とキリスト教関連遺産~』 浦上教会歴史委員会によるギャラリートーク(展示解説 3/23 14:00~15:00)
3月 23 @ AM12:00
 平成27年2月19日より長崎歴史文化博物館にて開催中の「信徒発見」150周年記念事業 世界遺産推薦記念特別展「聖母が見守った奇跡」では、総数およそ550点のうち、東京国立博物館の所蔵となっている、浦上のキリシタンたちから没収したマリア観音、ロザリオなどのキリシタン関連資料を約200点展示しております。  このたび、浦上のキリシタンのご子孫の皆様により組織されている浦上教会歴史委員会による、これら没収品についての展示解説を下記の通り行うこととなりました。つきましては是非ご取材の程、宜しくお願い申し上げます。 (長崎歴史文化博物館からの案内より)   〈浦上教会歴史委員会によるギャラリートーク〉 日  時 : 平成27年3月23日(月)  14:00~15 :00 (内20分程度) 会  場 : 長崎歴史文化博物館 3階企画展示室内 講  師 : 浦上教会歴史委員会会員(2~3名)、当館研究員 参 加 費 : 「聖母が見守った奇跡」入場券が必要です。 参 加 者 : 当日14:00までに会場入口までお越し下さい。   〒850-0007 長崎市立山 1-1-1  TEL: 095-818-8366
24
25
26
27
28
29
30
31
聖香油ミサ(司祭の日) AM10:30
聖香油ミサ(司祭の日)
3月 31 @ AM10:30 – PM12:00
 3月31日(火)10時30分から浦上教会で行われます。  祭司職の制定が記念される聖木曜日の聖香油のミサ(『ローマ・ミサ典礼書の総則』から)は、この日に教役者と信者が司教と共に集まることが困難な場合には、復活祭に近い他の日を選ぶことができ(『ミサ典礼書』)、長崎教区では聖火曜日に行われています。