コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

行事予定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
震災のための祈りのリレー
震災のための祈りのリレー
8月 11 全日
 東日本大震災後101カ月目を迎える2019年8月11日、「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11日に行っています。   日時:2019年8月11日(日) 08:30~ ミサ、ミサ後~18:00 個人の祈り(13:00~ 昼の祈り〔テゼの祈り〕) 場所:カトリック小郡教会(福岡教区)   【祈りの時間について】  ○ 30分を一単位とします。一人で何単位でも可能です。  ○ 始まりは0分と30分とします。(例 08:00[~30分] 09:30[~30分]など)  ○ 祈りの形式は、特に定めません。慣れたお祈りで結構です。  ○ 聖堂に来られない方は「聖堂外」でその時間を決めていただき、自由な場所でお祈りください。病床でも、居間でも、学校でも、職場でも。お気軽にご参加ください。  ○ 参加の方は差し支えなければ時間、聖堂、聖堂外を下記メール宛てお知らせください。    fr05abe19ko@yahoo.co.jp ブラザー阿部光一(聖パウロ修道会) 2019-08-11震災のための祈りのリレー.pdf
12
平和を祈る集い(主催:福岡地区信徒使徒職協議会) PM1:00
平和を祈る集い(主催:福岡地区信徒使徒職協議会)
8月 12 @ PM1:00 – PM4:30
2019年『日本カトリック平和旬間』賛同企画 平和を祈る集い  今年も日本カトリック平和旬間の趣旨に賛同して「平和を祈る集い」を開催致します。  昨年、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産として登録されました。日本ではキリスト教関連としては初めてのことです。  今回は世界文化遺産の意味するもの、すなわち「引き継がれた信仰」を今日的な視点で考えていきます。具体的には信教の自由、揺るぎない平和、永遠に価値のあるもの、いのちの大切さ、などを黙想したいと思います。  講師には髙見大司教様をお招き致します。ご一緒に長崎からの声を聞きましょう。  多くのご参加をお待ち申し上げます。 (案内文より) 日時と場所:2019年8月12日(月)カテドラル大名町教会 2階大聖堂 第一部 講演会 「世界遺産にみる信教の自由と平和」 13:00~15:00 講師:髙見三明大司教 第二部 平和祈願ミサ 15:30~16:30 司式:髙見三明大司教 主催:福岡地区信徒使徒職協議会 2019-08-12平和を祈る集い.pdf
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31