コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

行事予定

6月
1
教皇様についての講演会
6月 1 @ PM1:00

カトリック長崎大司教区はこのほど、次の講演会を開催することにしました。

詳細は次のとおりです。講演会チラシ(裏面に申込書があります)もどうぞ合わせてご覧ください。

《教皇様についての講演会》

日時:2019年6月1日(土)13時~

場所:カトリックセンター 大ホール(長崎市上野町10-34)

2019-06-01教皇様についての講演会(申込書付き).pdf

教区トピックス「教皇様についての講演会」へ

9月
22
平戸ザビエル祭(第二部)信徒発見劇
9月 22 @ PM1:00

信徒発見記念劇「そして サンタ・マリアがいた―キリシタン復活物語―」

大切なことは どのように伝わるのか その答えがここに

 

日時:2019年9月22日(日) 開場12:00 開演13:00

会場:平戸文化センター(長崎県平戸市岩の上町1529)

■チケットは平戸市の各カトリック教会で販売(入場料 1,000円)

■お問い合わせ先:劇団さばと座(事務局 林田)℡ 090-8628-5784

監督・脚本 古巣 馨

主催:劇団さばと座(長崎教区信徒・司祭・民間劇団有志)

協賛:平戸地区カトリック教会

2019-09-22平戸地区 信徒発見劇ポスター.pdf

3月
13
性虐待被害者のための祈りと償いの日(四旬節第2金曜日:2020年3月13日)の集い
3月 13 @ AM11:30 – PM8:00

(お知らせポスターから)

性虐待被害者のための祈りと償いの日

性虐待被害者の痛み、苦しみに寄り添い、祈りと償いのうちに共に過ごしましょう

 

2002 年、米国のボストンで聖職者による子どもへの性虐待事件が報道され、世界各地で同様の事件が明るみに出ることになりました。

教皇フランシスコは、教皇庁に新しく「児童を守るための委員会」を設立し、教皇自らがこの問題に真剣に取り組む姿勢を示されると同時に、全世界の教会がこの問題に真摯に向き合うように促しておられます。

教皇フランシスコは、全世界の司教団に向けて、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を設けるように通達され、日本ではこの日を「四旬節第二金曜日」と定めました。

————————————-

「性虐待被害者のための祈りと償いの日」の集い in 長崎

日時:2020年3月13日(金)昼の部 12:45~16:30 夜の部 17:00~20:00

場所:西坂・日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会

 

【プログラム】

〈昼の部〉

11:30~12:30 ゆるしの秘跡

12:45 受付開始(昼の部)

13:45 あいさつ 髙見三明大司教 (長崎大司教)

14:00~15:00 講話 森 一弘 司教(東京大司教区名誉司教)

「性虐待被害者についての理解を深め、その苦しみ、悲しみに寄り添う道を学ぶ―社会の現実をみつめつつ―」

15:30~16:30 ミサ(主司式 森 一弘 司教)

 

〈夜の部〉 ※昼の部と夜の部両方にご参加される方は、17:00からお席に着けます。

18:00~19:00 ゆるしの秘跡

18:00 受付開始(夜の部)

19:00~20:00 ミサ(主司式 ドメニコ・ヴィタリ師)

 

主催:カトリック長崎大司教区

問い合わせ先:子どもと女性の人権相談室 電話 095-865-7829(不在時、留守番電話対応)

※恐れ入りますが、駐車場がございませんので公共交通機関などでのご来会をお願いいたします。

2020-03-13性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い.pdf ※昼の部と夜の部両方にご参加される方は、17:00からお席に着けます。