コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

行事予定

6月
18
第1回髙見杯青年ミニバレー大会
6月 18 @ PM12:30 – PM3:00

第1回髙見杯青年ミニバレー大会

日時:2017年6月18日(日)12:30~15:00(受付 12:00~)
場所:長崎大司教館 体育館
参加費:1,000円
内容:ソフトバレー
※体育館シューズ&運動ができる服装でご参加ください。

申込〆切:5月25日(木)
お問い合わせ先:浦上教会 山内神父(電話 095-844-1777)
お申し込み先:各地区青少年委員会の担当司祭、または、浦上教会 山内神父まで。

8月
11
平和を祈る集い(社会司教委員会、長崎教会管区共催)
8月 11 @ PM1:00 – PM4:15

2017『日本カトリック平和旬間』賛同企画 平和を祈る集い

 

日時:2017年8月11日(金)

場所:カトリック大名町教会 2階聖堂(福岡カテドラル・センター)

 第一部 講演会(13:00~15:00)

     あいさつ 宮原良治司教

     導入 濵口末男司教

     講話 瀬本正之師 「回勅 ラウダート・シ」翻訳者

        原田雅樹師 「今こそ原発の廃止を―」執筆、編集

     よびかけ 髙見三明大司教

     福岡教区内取り組みの案内(活動紹介)1階講堂内 パネル展示

 第二部 平和祈願ミサ(15:15~16:15)

主催:福岡司教区

共催:社会司教委員会、長崎教会管区

事務局:社会福音ネットワーク・福岡/福岡地区信徒使徒職協議会

2017平和を祈る集いポスター.pdf

2017平和を祈る集いチラシ.pdf

2017平和旬間マップ-1.pdf

2017平和旬間マップ-2.pdf

11月
3
長崎青年の日 ~これからの皆さんへ~(申込〆切:8月31日)
11月 3 – 11月 4 全日

長崎青年の日 ~ これからの皆さんへ ~

大司教様のもとにあつまろう!!

大司教様と語ろう!! 聞きたいこと 知ってほしいこと

 

日程 2017年11月3日(金)13:00~4日(土)12:00

場所 長崎大司教館 *宿泊場所は参加者全員、カトリックセンター。

対象 長崎教区に所属する18(高校生不可)~40歳のカトリック信徒

   (求道者の方はご相談下さい)

目的 大司教のもとに青年たちが集い、お互いが知り合う機会とする

参加費 3,000円

申込締切 8月31日(木)

申込み・問合せ先 各地区青少年委員会担当司祭 または 浦上教会 山内神父(TEL 095-844-1777)まで

2017-11-3~4長崎青年の日ポスター.pdf

3月
10
性虐待被害者のための祈りと償いの日(四旬節第2金曜日:2018年3月2日)の集い
3月 10 @ PM1:00 – PM4:00

2018年3月2日

性虐待被害者のための祈りと償いの日

性虐待被害者の痛み、苦しみに寄り添い、祈りと償いのうちに共に過ごしましょう

 

2002 年、米国のボストンで聖職者による子どもへの性虐待事件が報道され、世界各地で同様の事件が明るみに出ることになりました。

教皇フランシスコは、教皇庁に新しく「児童を守るための委員会」を設立し、教皇自らがこの問題に真剣に取り組む姿勢を示されると同時に、全世界の教会がこの問題に真摯に向き合うように促しておられます。

教皇フランシスコは、全世界の司教団に向けて、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を設けるように通達され、日本ではこの日を「四旬節第二金曜日」と定めました。

————————————-

 

「性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い in 長崎」

日時:2018年3月10日(土)13:00~16:00(12:30開場)

場所:長崎カトリックセンター ホール ※入場無料

 

〈プログラム〉
13:00 開会あいさつ

「長崎大司教区の取り組みについて」 髙見三明大司教 (長崎大司教区大司教)

「性虐待被害者のための祈りと償いの日の設定について」 松浦悟郎司教(子どもと女性の権利擁護のためのデスク責任司教)

13:30 講演 中島幸子さん(NPO 法人レジリエンス代表)

15:30 祈り

16:00 閉会

 

共催:カトリック中央協議会 子どもと女性の権利擁護のためのデスク、カトリック長崎大司教区 子どもと女性の人権相談室

問い合わせ先:子どもと女性の人権相談室 電話 095-865-7829(※不在時対応:留守番電話)

2018-03-10性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い.pdf

6月
17
第2回髙見杯青年ミニバレー大会
6月 17 @ PM12:30 – PM3:00

同じ年代の仲間や神父様方、大司教様と交流してみませんか? 多くの方の参加、お待ちしております。

(大会実行委員会からの案内文より)

 

日時:2018年6月17日(日)12:30~15:00(受付 12:00~)

場所:長崎大司教館 体育館

対象:18~40歳くらいの若者(高校生不可、既婚者可)

大会内容:ソフトバレー

参加費:1,000円

※大会後に予定している髙見大司教様との食事会への参加も呼びかけています。こちらは大会参加費とは別に1,000円集めます。

持ってくるもの:体育館シューズ・運動着

申込締め切り:6月3日(日)

申し込み先:浦上教会(ファックス 095-844-6508)

7月
22
浦上四番崩れ 旅の始まり150周年記念
7月 22 @ PM12:30 – PM4:00

浦上四番崩れ 旅の始まり150周年記念行事

テーマ:先祖が流配で示した強い信仰に倣い そして子孫へ伝えよう

「旅の始まり150周年」の記念式典は、流配が始まったとされる7月20日に近い7月22日(日)に浦上教会で開催されます。

 

日時と場所:2018年7月22日(日)12時30分~ 浦上教会

第一部 流配先6教区とのシンポジウム(流配先の教区の方々を交えて)12時30分~13時20分

第二部 ロザリオの祈り(旅する教会の神秘)13時30分~14時

第三部 髙見三明大司教司式による記念ミサ 14時15分~

主催:カトリック長崎大司教区

運営:旅の始まり150周年記念実行委員会

2018-07-22旅の始まり150周年記念.pdf

10月
7
カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義(10月7日・14日・21日)
10月 7 @ PM7:00 – PM8:30

カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義

 

 今年7月開催の特別講演会に続いて、以下のとおり連続講演会を開催いたしますので、ご案内いたします。

 

■第一回【キリスト教の伝来と繁栄】

 日時:2018年10月7日(日)19時~20時30分

 講師:川村信三 神父(上智大学教授)

 

■第二回【切支丹禁制と潜伏キリシタンの生活】

 日時:2018年10月14日(日)19時~20時30分

 講師:古巣 馨 神父(長崎純心大学教授)

 

■第三回【日本におけるキリスト教の復活と『隠れキリシタン』】

 日時:2018年10月21日(日)19時~20時30分

 講師:清水有子氏(明治大学文学部専任講師)

 

開催場所はカトリックセンター2階ホールです。

参加無料。予約は申し込み順(以下の申込書をご利用ください)とし、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

問い合わせ先:カトリック長崎大司教区 教区本部 教会歴史文化遺産評議会 歴史部会(担当:梅木)

       〒852-8113 長崎市上野町10-34 カトリックセンター 電話 050-3386-4980 Fax 095-842-4460 メール cnkh45@nagasaki.catholic.jp

 

2018-10連続講演会チラシ.pdf

2018-10連続講演会参加予約申込書.pdf