コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

行事予定

8月
24
九州青年キャンプ 2019 in 長崎
8月 24 – 8月 25 終日

8月24日(土)から25日(日)に西海市で開催されます。

ぜひポスターをご覧ください! → 2019-08-24~24九州青年キャンプ.pdf

レッツゴー いさのうらへ わかものたちよ!

 

〈九州青年キャンプとは…〉

九州の色々な地域の青年が出会い、分かち合い、交流する場として、九州の各教区が毎年持ち回りで開催しているカトリック青年の集いです。

日時:2019年8月24日(土)~25日(日)

14:00集合、11:30解散

場所:伊佐ノ浦公園(西海市西海町中浦南郷 1133-48)

参加費:3,000円

対象:18歳以上の青年(高校生不可)

申込締切:2019年7月31日(水)

 

主催:九州青年キャンプ 2019 in 長崎 実行委員会

※参加申込後、詳しい参加案内をお知らせいたします。

参加申し込み・問い合わせ先:

メール nagasaki,youth.mail@gmail.com(実行委員会あて)

電話 0959-25-0012 ファックス 0959-25-0472

(長崎教区青少年委員会 委員長 山口竜太郎 神父)

3月
13
【中止になりました 3月6日更新】性虐待被害者のための祈りと償いの日(四旬節第2金曜日:2020年3月13日)の集い
3月 13 @ AM11:30 – PM8:00

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、この集いを中止にさせていただきます。(←2020年3月6日に追記しました)

(お知らせポスターから)

性虐待被害者のための祈りと償いの日

性虐待被害者の痛み、苦しみに寄り添い、祈りと償いのうちに共に過ごしましょう

 

2002 年、米国のボストンで聖職者による子どもへの性虐待事件が報道され、世界各地で同様の事件が明るみに出ることになりました。

教皇フランシスコは、教皇庁に新しく「児童を守るための委員会」を設立し、教皇自らがこの問題に真剣に取り組む姿勢を示されると同時に、全世界の教会がこの問題に真摯に向き合うように促しておられます。

教皇フランシスコは、全世界の司教団に向けて、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を設けるように通達され、日本ではこの日を「四旬節第二金曜日」と定めました。

————————————-

「性虐待被害者のための祈りと償いの日」の集い in 長崎

日時:2020年3月13日(金)昼の部 12:45~16:30 夜の部 17:00~20:00

場所:西坂・日本二十六聖人記念聖堂 聖フィリッポ教会

 

【プログラム】

〈昼の部〉

11:30~12:30 ゆるしの秘跡

12:45 受付開始(昼の部)

13:45 あいさつ 髙見三明大司教 (長崎大司教)

14:00~15:00 講話 森 一弘 司教(東京大司教区名誉司教)

「性虐待被害者についての理解を深め、その苦しみ、悲しみに寄り添う道を学ぶ―社会の現実をみつめつつ―」

15:30~16:30 ミサ(主司式 森 一弘 司教)

 

〈夜の部〉 ※昼の部と夜の部両方にご参加される方は、17:00からお席に着けます。

18:00~19:00 ゆるしの秘跡

18:00 受付開始(夜の部)

19:00~20:00 ミサ(主司式 ドメニコ・ヴィタリ師)

 

主催:カトリック長崎大司教区

問い合わせ先:子どもと女性の人権相談室 電話 095-865-7829(不在時、留守番電話対応)

※恐れ入りますが、駐車場がございませんので公共交通機関などでのご来会をお願いいたします。

2020-03-13性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い.pdf ※昼の部と夜の部両方にご参加される方は、17:00からお席に着けます。