コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

行事予定

8月
23
被爆遺構めぐり2020(教区平和推進委員会主催)
8月 23 @ PM4:00 – PM6:00

(教区平和推進委員会の案内文より)

75年前を振り返り、平和について一緒に考え、祈りましょう!

被爆遺構めぐり2020

 日本のカトリック教会は、毎年8月6日から15日までを平和旬間としています。広島の原爆記念日から、長崎の原爆記念日を挟んで終戦記念日までのこの10日間は、日本のカトリック信者にとって、特に平和について学び、平和のために祈り、行動する期間となっています。そこで、被爆・戦後75年となる今年、平和推進委員会として「被爆遺構めぐり」を企画致しました。ちょっと涼しくなる頃に、8月下旬の開催です。

 新型コロナウイルス感染防止対策をとりながら、75年前の夏、長崎の「原子雲の下で何が起こったのか」をフィールドワークで振り返り、平和について一緒に考え、祈りたいと思います。ご参加、お待ちしています。

 

■被爆遺構めぐり2020

【日時】2020年8月23日(日)16:00~18:00

 ※15:50までに原爆資料館玄関ホールに集合してください。

 ※小雨決行ですが、荒天の場合は翌週8月30日(日)に延期します。

【見学箇所】「平和の母子像」、爆心地公園、平和公園(刑務所跡)、ベアトス様の墓、山里小学校、白山墓地、如己堂、浦上天主堂

 ※当日の状況により内容変更となる場合があります。

【用意するもの】歩きやすい靴・服装で、帽子や飲み物など、暑さ対策をお願いします。そして、新型コロナウイルス対策(マスクなど)を必ず準備してください。

【参加費】無料

【申込み】あらかじめ、8月21日(金)までに、平和推進委員会へ「所属教会、人数、氏名(複数人申込みの場合は代表者氏名)、連絡先電話番号またはメールアドレス」をお知らせいただけると助かります。雨天延期の場合に連絡を差し上げます。

 なお、申込みがなくても参加できます。直接、集合場所へお集まりください。

【申込先】※案内PDF をご確認ください。

【主催】長崎大司教区福音化推進部平和推進委員会

2020-08-23被爆遺構めぐり.pdf