カトリック長崎大司教区


行事予定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
性虐待被害者のための祈りと償いの日(四旬節第2金曜日:2018年3月2日)の集い PM1:00
性虐待被害者のための祈りと償いの日(四旬節第2金曜日:2018年3月2日)の集い
3月 10 @ PM1:00 – PM4:00
2018年3月2日 性虐待被害者のための祈りと償いの日 性虐待被害者の痛み、苦しみに寄り添い、祈りと償いのうちに共に過ごしましょう   2002 年、米国のボストンで聖職者による子どもへの性虐待事件が報道され、世界各地で同様の事件が明るみに出ることになりました。 教皇フランシスコは、教皇庁に新しく「児童を守るための委員会」を設立し、教皇自らがこの問題に真剣に取り組む姿勢を示されると同時に、全世界の教会がこの問題に真摯に向き合うように促しておられます。 教皇フランシスコは、全世界の司教団に向けて、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を設けるように通達され、日本ではこの日を「四旬節第二金曜日」と定めました。 ————————————-   「性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い in 長崎」 日時:2018年3月10日(土)13:00~16:00(12:30開場) 場所:長崎カトリックセンター ホール ※入場無料   〈プログラム〉 13:00 開会あいさつ 「長崎大司教区の取り組みについて」 髙見三明大司教 (長崎大司教区大司教) 「性虐待被害者のための祈りと償いの日の設定について」 松浦悟郎司教(子どもと女性の権利擁護のためのデスク責任司教) 13:30 講演 中島幸子さん(NPO 法人レジリエンス代表) 15:30 祈り 16:00 閉会   共催:カトリック中央協議会 子どもと女性の権利擁護のためのデスク、カトリック長崎大司教区 子どもと女性の人権相談室 問い合わせ先:子どもと女性の人権相談室 電話 095-865-7829(※不在時対応:留守番電話) 2018-03-10性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い.pdf
11
フォコラーレ創立者キアラ・ルービック 帰天10周年追悼ミサ PM2:00
フォコラーレ創立者キアラ・ルービック 帰天10周年追悼ミサ
3月 11 @ PM2:00
 フォコラーレ(正式名:マリアのみ業)の創立者、キアラ・ルービック(1920~2008)の帰天10周年にあたり、追悼ミサを行います。どなたでもご参加ください。(案内チラシより)   日時:2018年3月11日(日)14:00 場所:カトリック中町教会(長崎駅より徒歩5分) ミサ後、茶話会がございます。 問い合わせ先:フォコラーレ 電話 095-849-3812 メール foc.nagasaki@mxc.cncm.ne.jp 2018-03-11キアラ・ルービック帰天10周年追悼ミサ.pdf
毎月第2日曜日 青年のためのミサ PM5:00
毎月第2日曜日 青年のためのミサ
3月 11 @ PM5:00
 2014年2月、祈りと食事を通して親交を深め、青少年の交流の輪を活発にしようと「青年のためのミサ」が始まりました。毎月第2日曜に行われています。  今回は2018月3月11日(日)17:00から中町教会でミサが行われます。どうぞご参加ください。
12
13
14
15
16
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31