カトリック長崎大司教区


2015年 12月 22日

12月22日更新 いつくしみの特別聖年を過ごすために「黙想ノート」のお知らせ

Topics, by 広報委員会.

EP-X Postscript data

 12月8日から 「いつくしみの特別聖年」 が始まりました。教皇フランシスコは、いつくしみの特別聖年公布の大勅書 「イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔」 の中で、 「この聖年を主のことばに照らされて過ごしたいと思います。それは、御父のようにいつくしみ深い者となることです。 (上記13) 」 と呼びかけておられます。これを受けてカトリック長崎大司教区本部事務局では、昨年の教区評議会の取り組みを継続し、聖書に親しむ一つの方法として、「黙想ノート」を発行いたしました。

 この恵みの年に神のいつくしみを深く味わうための一助として本誌をご活用いただければ幸いに思いご案内いたします。

カトリック長崎大司教区 本部事務局 下窄 英知

 

1)期 間: 2015年12月13日 「待降節第3主日」 ~ 2016年11月20日 「王であるキリスト」

2)目 的: 主のことばを通して神のいつくしみを日常の中で体験する信仰を養う

3)利用法: 選んだみことばを手がかりに一週間の出来事や体験を神のいつくしみの視点で振り返る、司祭の説教を書きとめる、その他各自で工夫して。

4)工 夫: 今回はノートから主日の福音を省いています。自分の手で聖書を開き、読み、深めましょう。

5)価 格: 一部100円

 

【お問い合わせ先・注文先】

〒852-8113  長崎市上野町10-34 カトリックセンター内  カトリック長崎大司教区 本部事務局 TEL 095-842-4450  FAX 095-842-4460

黙想ノート注文書.pdf

Back Top