カトリック長崎大司教区


2015年 4月 27日

4月26日 「北東アジアキリスト者和解フォーラム」主催の国際シンポジウムが長崎で開かれました

Blog, by 広報委員会.

IMG_9431調整IMG_9441調整IMG_9448調整

IMG_9449IMG_9460

 4月26日(日)原爆資料館で、米国・デューク大学神学部和解センター「北東アジアキリスト者和解フォーラム」主催による国際シンポジウム『北東アジアにおける和解と平和のための祈り』が開催された。この集いは、原爆投下から70年の今年、国籍・国境を越えて(日中韓米など)さまざまな人々が長崎に集い、「和解と平和」を求めて語り合おうと開かれたもの。

 始めに、開催にあたっての協力者として髙見三明大司教があいさつ。講演は、デューク大学神学部部長のリチャード・ヘイズ教授と日本二十六聖人記念館館長のデ・ルカ・レンゾ神父が登壇。パネルディスカッションでは、青山学院大学の関田寛雄名誉教授、デューク大学神学部のシ・リアン教授、韓国・西河大学のムンスー・パク名誉教授(イエズス会司祭)がパネリストを務めた。

 会場にはキリスト教でない人を含め約100人が訪れ、3時間を超える深い内容に皆聴き入り、質問も活発に寄せられていた。

(写真: 合唱の場面は、長崎プロテスタント合唱団の皆さんによる 「長崎の空」の演奏です。)

Back Top