コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

行事予定

3月
10
性虐待被害者のための祈りと償いの日(四旬節第2金曜日:2018年3月2日)の集い
3月 10 @ PM1:00 – PM4:00

2018年3月2日

性虐待被害者のための祈りと償いの日

性虐待被害者の痛み、苦しみに寄り添い、祈りと償いのうちに共に過ごしましょう

 

2002 年、米国のボストンで聖職者による子どもへの性虐待事件が報道され、世界各地で同様の事件が明るみに出ることになりました。

教皇フランシスコは、教皇庁に新しく「児童を守るための委員会」を設立し、教皇自らがこの問題に真剣に取り組む姿勢を示されると同時に、全世界の教会がこの問題に真摯に向き合うように促しておられます。

教皇フランシスコは、全世界の司教団に向けて、「性虐待被害者のための祈りと償いの日」を設けるように通達され、日本ではこの日を「四旬節第二金曜日」と定めました。

————————————-

 

「性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い in 長崎」

日時:2018年3月10日(土)13:00~16:00(12:30開場)

場所:長崎カトリックセンター ホール ※入場無料

 

〈プログラム〉
13:00 開会あいさつ

「長崎大司教区の取り組みについて」 髙見三明大司教 (長崎大司教区大司教)

「性虐待被害者のための祈りと償いの日の設定について」 松浦悟郎司教(子どもと女性の権利擁護のためのデスク責任司教)

13:30 講演 中島幸子さん(NPO 法人レジリエンス代表)

15:30 祈り

16:00 閉会

 

共催:カトリック中央協議会 子どもと女性の権利擁護のためのデスク、カトリック長崎大司教区 子どもと女性の人権相談室

問い合わせ先:子どもと女性の人権相談室 電話 095-865-7829(※不在時対応:留守番電話)

2018-03-10性虐待被害者のための祈りと償いの日の集い.pdf

7月
22
浦上四番崩れ 旅の始まり150周年記念
7月 22 @ PM12:30 – PM4:00

浦上四番崩れ 旅の始まり150周年記念行事

テーマ:先祖が流配で示した強い信仰に倣い そして子孫へ伝えよう

「旅の始まり150周年」の記念式典は、流配が始まったとされる7月20日に近い7月22日(日)に浦上教会で開催されます。

 

日時と場所:2018年7月22日(日)12時30分~ 浦上教会

第一部 流配先6教区とのシンポジウム(流配先の教区の方々を交えて)12時30分~13時20分

第二部 ロザリオの祈り(旅する教会の神秘)13時30分~14時

第三部 髙見三明大司教司式による記念ミサ 14時15分~

主催:カトリック長崎大司教区

運営:旅の始まり150周年記念実行委員会

2018-07-22旅の始まり150周年記念.pdf

10月
7
カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義(10月7日・14日・21日)
10月 7 @ PM7:00 – PM8:30

カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義

 

 今年7月開催の特別講演会に続いて、以下のとおり連続講演会を開催いたしますので、ご案内いたします。

 

■第一回【キリスト教の伝来と繁栄】

 日時:2018年10月7日(日)19時~20時30分

 講師:川村信三 神父(上智大学教授)

 

■第二回【切支丹禁制と潜伏キリシタンの生活】

 日時:2018年10月14日(日)19時~20時30分

 講師:古巣 馨 神父(長崎純心大学教授)

 

■第三回【日本におけるキリスト教の復活と『隠れキリシタン』】

 日時:2018年10月21日(日)19時~20時30分

 講師:清水有子氏(明治大学文学部専任講師)

 

開催場所はカトリックセンター2階ホールです。

参加無料。予約は申し込み順(以下の申込書をご利用ください)とし、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

問い合わせ先:カトリック長崎大司教区 教区本部 教会歴史文化遺産評議会 歴史部会(担当:梅木)

       〒852-8113 長崎市上野町10-34 カトリックセンター 電話 050-3386-4980 Fax 095-842-4460 メール cnkh45@nagasaki.catholic.jp

 

2018-10連続講演会チラシ.pdf

2018-10連続講演会参加予約申込書.pdf

10月
14
カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義(10月7日・14日・21日)
10月 14 @ PM7:00 – PM8:30

カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義

 

 今年7月開催の特別講演会に続いて、以下のとおり連続講演会を開催いたしますので、ご案内いたします。

 

■第一回【キリスト教の伝来と繁栄】

 日時:2018年10月7日(日)19時~20時30分

 講師:川村信三 神父(上智大学教授)

 

■第二回【切支丹禁制と潜伏キリシタンの生活】

 日時:2018年10月14日(日)19時~20時30分

 講師:古巣 馨 神父(長崎純心大学教授)

 

■第三回【日本におけるキリスト教の復活と『隠れキリシタン』】

 日時:2018年10月21日(日)19時~20時30分

 講師:清水有子氏(明治大学文学部専任講師)

 

開催場所はカトリックセンター2階ホールです。

参加無料。予約は申し込み順(以下の申込書をご利用ください)とし、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

問い合わせ先:カトリック長崎大司教区 教区本部 教会歴史文化遺産評議会 歴史部会(担当:梅木)

       〒852-8113 長崎市上野町10-34 カトリックセンター 電話 050-3386-4980 Fax 095-842-4460 メール cnkh45@nagasaki.catholic.jp

 

2018-10連続講演会チラシ.pdf

2018-10連続講演会参加予約申込書.pdf

10月
21
カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義(10月7日・14日・21日)
10月 21 @ PM7:00 – PM8:30

カトリック長崎大司教区主催 連続講演会 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の意義

 

 今年7月開催の特別講演会に続いて、以下のとおり連続講演会を開催いたしますので、ご案内いたします。

 

■第一回【キリスト教の伝来と繁栄】

 日時:2018年10月7日(日)19時~20時30分

 講師:川村信三 神父(上智大学教授)

 

■第二回【切支丹禁制と潜伏キリシタンの生活】

 日時:2018年10月14日(日)19時~20時30分

 講師:古巣 馨 神父(長崎純心大学教授)

 

■第三回【日本におけるキリスト教の復活と『隠れキリシタン』】

 日時:2018年10月21日(日)19時~20時30分

 講師:清水有子氏(明治大学文学部専任講師)

 

開催場所はカトリックセンター2階ホールです。

参加無料。予約は申し込み順(以下の申込書をご利用ください)とし、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

問い合わせ先:カトリック長崎大司教区 教区本部 教会歴史文化遺産評議会 歴史部会(担当:梅木)

       〒852-8113 長崎市上野町10-34 カトリックセンター 電話 050-3386-4980 Fax 095-842-4460 メール cnkh45@nagasaki.catholic.jp

 

2018-10連続講演会チラシ.pdf

2018-10連続講演会参加予約申込書.pdf

6月
1
教皇様についての講演会
6月 1 @ PM1:00

カトリック長崎大司教区はこのほど、次の講演会を開催することにしました。

詳細は次のとおりです。講演会チラシ(裏面に申込書があります)もどうぞ合わせてご覧ください。

《教皇様についての講演会》

日時:2019年6月1日(土)13時~

場所:カトリックセンター 大ホール(長崎市上野町10-34)

2019-06-01教皇様についての講演会(申込書付き).pdf

教区トピックス「教皇様についての講演会」へ